ギャンブルの歴史の宝庫 – ネバダギャンブル博物館

ネバダと言ってまず思い浮かぶのはカジノ、ギャンブルとゴールドです。この米国のシルバーステートは、多くの理由で最も訪れてみたい場所です。地球の外にいる宇宙人との交信が行われていると信じられているエリア51に好奇心を抱く人もいれば、ここで生産されるゴールドを求めてやってくる人もいます。しかし多くの人々にとってネバダ州は、カジノとギャンブルを意味する場所です。ラスベガスのカジノは1931年に初めてライセンスを取得しました。しかしネバダ州では「ギャンブル」という言葉はすでに死語となっています。ギャンブルとネバダ州は切っても切り離せないものであり、巨額の資金がギャンブル収入によって供給されているという事実からも、容易に想像がつきます。こうした関係はどのように始まったのでしょうか?往年のカジノはどんなものだったのでしょう?当時のスロットマシンの様子や、ギャンブルがネバダ州で大きな位置付けとなった過程はどのようなものだったのでしょうか?これらすべての疑問に答えてくれるのが、ネバダギャンブル博物館です。